一般社団法人 日本スポーツマンシップ協会

一般社団法人 日本スポーツマンシップ協会

一般社団法人 日本スポーツマンシップ協会

スポーツマンシップ・デー

スポーツマンシップの普及啓発活動の一環として、スポーツマンシップ・デー2022を7月7日(水)19:00-21:30にオンライン開催いたします。

本イベントは、豪華ゲストをお招きする「スペシャルゲストトーク」、スポーツマンシップコーチアカデミー資格認定者による「事例発表」、「日本スポーツマンシップ大賞2022発表」の3つのプログラムで構成され、よきスポーツマンとしての振る舞いや、よきスポーツマンシップを示すことの意義を、分かりやすくお伝えしてまいります。

ご希望の方は下記より「オンライン入場券(無料)」をお申し込みください。

 

お申込(無料)

 

※取材希望の方はこちらよりお申込みください。

 

プログラム内容

■スペシャルゲストトーク
【ゲスト】
為末 大 氏(株式会社Deportare Partners代表、元陸上選手)
大山 加奈 氏(元バレーボール日本代表)

■スポーツマンシップコーチ事例発表
■日本スポーツマンシップ大賞2022発表

スポーツマンシップ・デーは、尊重・勇気・覚悟を備えたよきスポーツマンとしての振る舞いや、よきスポーツマンシップを示すことの意義を考える場です。

スポーツマンシップの正しい普及・啓発を進める上で、スポーツに取り組むべき姿勢やスポーツを愛するみなさんがめざすべき「スポーツマン」の価値がよりわかりやすく伝わることを期待し、豪華なゲストのみなさんとともにスポーツマンシップについて語り合います。

主催:一般社団法人日本スポーツマンシップ協会

 

プログラム詳細

※プログラム時間は変更になる場合がございます
※敬省略/順不同

 

19:05-20:00 ①スペシャルゲストトーク
ゲスト:
為末 大(株式会社Deportare Partners代表、元陸上選手)
大山加奈(元バレーボール日本代表)
モデレーター:中村 聡宏(一般社団法人日本スポーツマンシップ協会 会長代表理事)

 

20:00-21:10 ②スポーツマンシップコーチ事例発表
益子直美(元バレーボール日本代表、一般社団法人監督が怒ってはいけない大会 代表理事)
斎藤真由美(元バレーボール日本代表、群馬銀行グリーンウイングス 監督、株式会社MAX8 代表)
藤原明夫(NPO法人日本サッカー指導者協会 セミナーダイレクター)
太田 淳(弘前学院聖愛中学高等学校 女子野球部監督)
西中裕也(弘前学院聖愛中学高等学校 野球部部長)
飯島智則(株式会社日刊スポーツ新聞社、日本イップス協会認定トレーナー)

 

21:10-21:30 ③日本スポーツマンシップ大賞2022発表

 

<大賞ノミネート>

No

名前 カテゴリー
1 家本 政明

サッカー/レフェリー

  「嫌われた審判」から「愛された審判」へ

2

井上 康生

柔道

  伝統や常識を覆して築き上げた柔道界の新たな指導者像

3 大谷 翔平

野球

   "SHOWTIME" を支える"SPORTSMANSHIP"

4

国枝 慎吾

車いすテニス

  2大会ぶりのパラリンピック金メダルを獲得した不撓不屈の精神

5

丹羽 孝希 卓球

  大舞台の大一番で「負けを認める」フェアプレー

6

バスケットボール 女子日本代表

バスケットボール

  努力の末に大会を愉しみ抜くGood Fellowたち

<ヤングジェネレーション賞ノミネート>

No

名前 カテゴリー

1

入江 聖奈 ボクシング

  笑顔あふれる「スポーツマン」が示した新たな女王像

2

大阪桐蔭高等学校 硬式野球部

野球

  「泥だらけの大一番」で見せた尊重あふれる行動

3

岡本 碧優 スケートボード

   ライバルたちの心を動かした「チャレンジ精神」

4

須﨑 優衣 レスリング
   どん底からの逆襲を実現した金メダルまでの道のり
5

智辯学園和歌山高等学校 硬式野球部

野球

   甲子園優勝の歓喜とライバルへのリスペクト

6

橋本 大輝 体操
  ライバルのベストと、それを上回る勝利を願う新エースの覚悟
7

和合 由依

その他(演者)

  片翼の飛行機が演じた「世界のヒロイン」への挑戦

 

 

大賞ノミネート

家本 政明【サッカー/レフェリー】

1973年6月2日生まれ
元サッカー審判員(国際審判員、日本サッカー協会 プロフェッショナルレフェリー)

「嫌われた審判」から「愛された審判」へ

写真:YUTAKA/アフロスポーツ

●井上 康生【柔道】

1978年5月15日生まれ
東京2020オリンピック 柔道男子日本代表 監督

伝統や常識を覆して築き上げた柔道界の新たな指導者像

写真:森田直樹/アフロスポーツ

●大谷 翔平【野球】

1994年7月5日生まれ
MLB ロサンゼルス・エンジェルス/2021ア・リーグ シーズンMVP

“SHOWTIME”を支える”SPORTSMANSHIP”

写真:AP/アフロ

●国枝 慎吾【車いすテニス】

1984年2月21日生まれ
東京2020パラリンピック 車いすテニス 男子シングルス 金メダル

2大会ぶりのパラリンピック金メダルを獲得した不撓不屈の精神

写真:青木紘二/アフロスポーツ

●丹羽 孝希【卓球】

1994年10月10日生まれ
東京2020オリンピック 卓球 男子団体 銅メダル

大舞台の大一番で「負けを認める」フェアプレー

写真:YUTAKA/アフロスポーツ

●バスケットボール 女子日本代表

東京2020オリンピック バスケットボール女子 銀メダル

努力の末に大会を愉しみ抜くGood Fellowたち

写真:青木紘二/アフロスポーツ

 

 

ヤングジェネレーション賞ノミネート

●入江 聖奈【ボクシング】

2000年10月9日生まれ/日本体育大学(在学中)
東京2020オリンピック ボクシング 女子フェザー級 金メダル

笑顔あふれる「スポーツマン」が示した新たな女王像

写真:ロイター/アフロ

●大阪桐蔭高等学校 硬式野球部【野球】

創部 昭和63年
甲子園出場22回、優勝8回(選手権5回・選抜3回)

「泥だらけの大一番」で見せた尊重あふれる行動

写真:日刊スポーツ/アフロ

●岡本 碧優【スケートボード】

2006年6月22日生まれ
東京2020オリンピック スケートボード 女子パーク 4位入賞

ライバルたちの心を動かした「チャレンジ精神」

写真:AP/アフロ

●須﨑 優衣【レスリング】

1999年6月30日生まれ
東京2020オリンピック レスリング 女子50kg級 金メダル

どん底からの逆襲を実現した金メダルまでの道のり

写真:エンリコ/アフロスポーツ

●智辯学園和歌山高等学校 硬式野球部【野球】

創部 昭和54年
甲子園出場39回(選手権25回、選抜14回)、優勝3回(選手権1回・選抜2回)

甲子園優勝の歓喜とライバルへのリスペクト

写真:日刊スポーツ/アフロ

●橋本 大輝【体操】

2001年8月7日生まれ/順天堂大学(在学中)
東京2020オリンピック 体操競技 男子個人総合・男子種目別鉄棒 金メダル 男子団体 銀メダル

ライバルのベストと、それを上回る勝利を願う新エースの覚悟

写真:ロイター/アフロ

●和合 由依【その他(演者)】

中学2年生(13歳/当時)
東京2020パラリンピック 開会式主演

片翼の飛行機が演じた「世界のヒロイン」への挑戦

写真:長田洋平/アフロスポーツ

 

 

審査委員

【審査委員長】
中村聡宏(日本スポーツマンシップ協会 代表理事会長)

【審査委員】
江口桃子(日本スポーツマンシップ協会 理事/アナウンサー)
大山加奈(元バレーボール日本代表)
島田慎二(ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ チェアマン(代表理事CEO)
/公益財団法人日本バスケットボール協会 副会長)
高橋勇市(パラリンピアン/アテネパラリンピック 視覚障害マラソン金メダリスト)
益子直美(元バレーボール日本代表)
山中正竹(全日本野球協会 会長)
湧永寛仁(日本ハンドボール協会 会長/湧永製薬株式会社 代表取締役社長)

※肩書きは審査委員会開催当時

お申込(無料)

 

※取材希望の方はこちらよりお申込みください。

 

過去の開催実績

スポーツマンシップ・デー2022
スポーツマンシップ・デー2021

Copyright© 一般社団法人 日本スポーツマンシップ協会 , 2022 All Rights Reserved.